近江町市場へのバスでの行き方

城下まち金沢周遊バス
城下まち金沢周遊バス

近江町市場に行くには、観光客向けの路線バスを利用するのが、とても便利だ。

近江町市場は、金沢駅の兼六園口(東口)バスターミナルから、バスで約5分。近江町市場は、武蔵ヶ辻・近江町市場バス停のすぐ目の前だ。

ほとんどすべてのバスが、武蔵ヶ辻・近江町市場バス停に停まるのだが、たくさんの路線バスが走っているので、観光客にとっては分かりにくい。

そのため、金沢に慣れていない人は、観光客向けの兼六園シャトルバスか、城下まち金沢周遊バス(左回り)に乗るのがいいだろう。

どちらのバスも、料金は、大人200円(中学生以上)・子供100円(小学生)。兼六園シャトルは、土日祝日の料金が半額になり、大人100円(中学生以上)・子供50円(小学生)で乗車できる。

兼六園シャトルバスと城下まち金沢周遊バスを運営している北鉄バスでは、1日何度でも乗り降りできる1日フリー乗車券(大人500円・子供250円)がある。北鉄バスに、1日3回以上乗るなら、1日フリー乗車券がお得だ。

では詳しく見ていこう。

兼六園シャトルバス

兼六園シャトルバス

兼六園シャトルバスは、金沢駅の兼六園口(東口)から出発している観光客向けのバスだ。

バスの色は、ワインレッドで、車内は普通の路線バスと同じだ。

兼六園シャトルバスは、金沢駅を出発し、近江町市場・尾山神社・金沢21世紀美術館を通り、兼六園のまわりを1周し、金沢駅に戻るバスだ。

兼六園シャトルバス乗り場

兼六園シャトルバスは、兼六園口(東口)のバスターミナル6番乗り場から出発していて、約20分間隔で運行している。

料金は、大人200円(中学生以上)・子供100円(小学生)。土日祝日は、料金が半額になり、大人100円(中学生以上)・子供50円(小学生)だ。

交通案内所

1日フリー乗車券は、バスターミナル横にある交通案内所で購入できる。バスの車中では、1日フリー乗車券の購入ができないので注意したい。

武蔵ヶ辻・近江町市場バス停

兼六園シャトルに乗ると、金沢駅から武蔵ヶ辻・近江町市場バス停まで約5分だ。

近江町市場は、武蔵ヶ辻・近江町市場バス停の目の前だ。

城下まち金沢周遊バス

城下まち金沢周遊バス

城下まち金沢周遊バスは、金沢駅の兼六園口(東口)から出発している観光客向けのバスだ。

バスの色は、緑・青・ワインレッドなどがあり、車内は普通の路線バスと同じだ。

城下まち金沢周遊バスには、右回りと左回りがあって、金沢の観光スポットをぐるっと一周する。近江町市場に行く場合には左回りに乗る。金沢駅を出発し、1つ目のバス停が武蔵ヶ辻・近江町市場バス停だ。

右回りに乗ると、ぐるっと1周してから武蔵ヶ辻・近江町市場バス停に着くので、30分以上かかってしまう。乗車の際は注意したい。
城下まち金沢周遊バス乗り場

城下まち金沢周遊バスは、兼六園口(東口)のバスターミナル7番乗り場から出発していて、約15分間隔で運行している。

右回りも左回りも、7番乗り場から出発している。

料金は、大人200円(中学生以上)・子供100円(小学生)。兼六園シャトルバスとは異なり、土日祝日も料金は変わらない。

武蔵ヶ辻・近江町市場バス停

城下まち金沢周遊バス(左回り)に乗ると、金沢駅から武蔵ヶ辻・近江町市場バス停まで約5分だ。

近江町市場は、武蔵ヶ辻・近江町市場バス停の目の前だ。

城下まち金沢周遊バス(右回り)

城下まち金沢周遊バスは、正面と側面に、右回り・左回りの表示があるので、乗車する前に確認しよう。

PAGE TOP